「Wantedlyでは人を採用できない」
なんて、思っていませんか?

共感を軸にした採用サービス、Wantedly(ウォンテッドリー)。サービス開始から約10年で、現在の求職者ユーザーは、約330万人にものぼります。

「でも、Wantedly(ウォンテッドリー)って、応募は増えても結局人は取れないよね?」

そんな風に思われている社長や採用担当者の方が、多いのではないでしょうか。

でも実際は「正しい伝え方」を知り「正しい運営方法」で実践すれば、自社に合う人材を採用でき、かつ採用コストを大幅に下げられるのが、Wantedly(ウォンテッドリー)の強み。

現に、Wantedlyを活用し、採用に成功している会社も数多くあります。

私達は、Wantedly(ウォンテッドリー)公認代理店としての実績と、ブログを通じてポルシェを300台販売した代表の伝え方のノウハウをもとに、御社専属のWantedly(ウォンテッドリー)運営担当として、社長や社員様の想いを、共感溢れるストーリーに紡ぎ、成果が出るよう伴走します。

Wantedly(ウォンテッドリー)運用代行5つのステップ

STEP1 キックオフMTG
採用がうまくいかない原因は「情報のミスマッチ(質)」×「求職者の目に止まる機会の少なさ(量)」によることが多いです。キックオフMTGにて、課題・正しい解決策を導き出します。

STEP2 紐解く(ペルソナ設定・価値把握)
WEB上での情報発信において最も大切なのは、ペルソナ設定です。求める人物像や求めるスキルを紐解き、同時に、彼らに伝えたい自社の価値や魅力や魅力をグループインタビューを通じて紐解きます。

STEP3 社長インタビュー
社長へのインタビューを通じて、自社のビジョン、ミッション、魅力・本質的な価値を整理します。インタビューは、基本的にはオンラインにて実施致します(90分程度)

STEP4 言語化
Wantedlyのフォーマットに沿って、求職者に分かりやすく、伝わりやすい共感を呼ぶ文章で、会社情報や募集記事を言語化していきます。これらを社内で共有することで、社内間への価値観・ビジョン浸透効果もございます。文章をWantedly以外の媒体(自社採用サイト等)に活用されたい場合も、お気軽にご相談下さい。

STEP5 運用
Wantedly(ウォンテッドリー)で人を採用できる運用パターンに沿って、「募集記事の掲載」「シェアや応援」「アナリティクス分析」を行い、改善を繰り返します。自社に合わない応募への対応に手間が取られ過ぎることが無いよう、月に1〜2回、担当者と打ち合わせをしながら進めます。

導入事例株式会社ロスゼロ様

株式会社ロスゼロ様は、食品ロス削減のフードシェアリングサービス事業を行う関西のスタートアップ企業です。Wantedly(ウォンテッドリー)の企業ページ新設から支援し、募集記事掲載開始からわずか4ヶ月で、若手の営業パーソン2名の採用に成功。現在もWantedly(ウォンテッドリー)運用代行を継続中です。

■ ロスゼロ様の採用における当初のお悩み
・人材紹介サービスを検討したが、紹介手数料が高く定期的に活用しづらい
・20代〜30代の若手人材を採用したいが、最適な採用方法を見つけられない
・資金調達実施後の組織拡大を受けて、営業、広報、WEBマーケティング、エンジニア、新規事業開発等、あらゆる職種の人材が欲しい
・給与や福利厚生といった待遇面ではなく、事業内容やビジョンに共感する人を採用したい
・採用は積極的に行いたいものの、人員のパワーバランス的に継続した掲載・更新・分析などが難しい

その上で、Wantedly(ウォンテッドリー)の5つの特徴、

・採用コストを抑えられる
(月々数万円から始められて、何名採用しても追加費用はかからない)
・ユーザーには、20代〜30代の若手人材やエンジニアが多い
・共感型採用が実現できる
(募集記事に給与や待遇を表示しない設計)
・インターン・新卒・中途・フリーランスなど、幅広く人材を採用できる
・求人広告とは違い、自社Wantedly(ウォンテッドリー)ページを、採用広報メディアとして資産化できる

を踏まえて提案し、運用代行を開始しました。

ロスゼロ様の場合数字で見る4ヶ月間の実績

以下は、募集記事掲載を開始した後、4ヶ月間の実績です。当社のWantedly(ウォンテッドリー)運用代行では「とにかく応募数を増やすのではなく、可能な限り自社に合う求職者に応募してもらうことで、採用担当の方の対応の手間を省くこと」も大切にしております。

よくあるご質問

運用代行とは、どの範囲までして頂けるのですか?

基本的には、御社のWantedly(ウォンテッドリー)運用担当として、「御社のページでの情報発信〜御社に合う求職者の募集を増やす」までを、トータルで支援いたします。
具体的には、
・企業ページ新規開設(Wantedly未登録企業の場合)
・言語化のためのインタビュー、ヒアリング(オンラインにて)
・会社情報ページ制作
・募集記事制作
・ストーリー制作
・掲載作業(募集記事、会社情報、ストーリー)
・アナリティクス分析
・数字をもとにした定例ミーティング
となります。

応募者への面談や面接もお願いできますか?

面談や面接支援はしておりません。当社の支援領域は、ストーリーライティングのノウハウを活用した「御社のページでの情報発信〜御社に合う求職者の募集を増やす」までとなります。応募者対応から内定まで(応募者へのメッセージ返信ややり取り、面談や面接等)は、御社にてお願いいたします。

記事やストーリーの掲載作業もお願いできますか?

はい。オプションにて、募集記事やストーリー掲載作業を、当社にて承ることも可能ですし、そのようにされている企業様がほとんどです。
掲載作業は、思いの外時間がかかりますので、採用担当者の方の負担を可能な限り軽減し、採用面談や採用設計にあたっていただけるよう、しっかりとフォローさせて頂きます。

写真や画像は用意してもらえますか?

写真は御社にてご用意いただきます。過去に撮影されたもので構いません。掲載作業を当社でお受けする場合は、写真データを共有頂いた上で、適宜選んで掲載させて頂きます。
ただし、写真は、募集記事のアクセスやクリック率に大きな影響を与える重要な要素ですので、画質や画角が良いものをご準備ください。(オプションにて写真撮影承ることも可能です)

最短でどのくらいの期間からお願いできますか?

まずは半年間ご契約いただきます。その後は半年毎に更新となります。

詳細や費用をお知りになりたい場合は、下記より資料をダウンロードいただけます。

資料請求・お問合せ

TOP