これまでの自分の経験やキャリアは通用するのか?スタートアップ企業への転職のリアル。

外部ページURL

やりがいや成長できる環境を求めて、創業間もないスタートアップ企業への転職を考える人が増えているという。

とはいえ、

「果たして自分は、スタートアップ企業でやっていけるのか」
「これまでに仕事で培ってきた経験やスキルが、スタートアップ企業で活かせるのか」

そんな不安を抱え、転職に躊躇する人が多いのも事実だ。

というわけで今回は、今から約3年前に、当時創業2年目のロスゼロへ転職した前川 麻希(まえかわ まき)に話を聞いてみることにした。

ロスゼロ 前川

以前は、大企業で働いていた前川。ロスゼロに入社した当初は戸惑うこともあったが、現在は、これまでの人生の中で最も、充実した日々を送っていると言う。

前川「入社して、あっという間に3年が経ちました。大げさではなく、毎日のように『生きている!』という実感を味わっています(笑)」

そうイキイキと語る前川のストーリーを、紹介していこう。

事務、専業主婦、フルコミッション、そしてスタートアップ企業へ。

前川の社会人のキャリアは、企業の事務職からスタートした。その後、出産を機に退職し、専業主婦となった。

ロスゼロ 前川

そして長男が1歳半になる頃、仲の良い友人と二人で、ネットショップを開設。裁縫が得意な友人が作った赤ちゃん用のグッズや、木の玩具を取り扱う店だった。

前川「ちょうどインターネットが普及し始めた頃でした。見様見真似でネットショップを立ち上げましたが、ほどなくしてお互いに二人目を妊娠。結局そのネットショップは閉店せざるを得なくなりました

時は流れ、前川が専業主婦になって12年が経った。

長男が小学6年生、三男が小学1年生になり、子育てに少し余裕が出始めてきたこともあり、彼女の中にある想いが芽生え始めた。

「もう一度、外の世界で働きたい」

だが当時、出産を機に職場を離れた女性の復職は、今以上に難しかった。

前川「パートとして、病院の受付で働き始めましたが、専業主婦をしていた12年の間に、インターネットが普及し、働く環境も激変していました。復職後しばらくは、まさに浦島太郎状態でしたね」

持ち前の明るさとガッツを活かし、数年間働いた前川だが、本格的な社会復帰を見据え、「もっと自分の力を試せるフィールドへ身を置きたい」と考えるようになった。

そこで次に彼女が選んだのが、大手保険会社のフルコミッション(完全歩合制)の保険セールスの仕事だった。その会社で中小企業の経営者に企業保険を提案する営業として4年間働いた後、惜しまれながらも退職。

2019年7月にロスゼロへの転職を決めた。

ロスゼロ 前川

未経験が、武器になる。

ロスゼロは食品ロス削減事業に取り組む、大阪のスタートアップ企業だ。メンバーはアルバイトを含めて8名という、少数精鋭の組織。そんな中、前川の仕事は、メディア対応、メルマガ発信、イベント登壇といった広報業務がメインだ。

それに加えて、営業、企画、販売など、任される仕事は多岐に渡る。

成長スピードの速いスタートアップ企業では、「必要な仕事があれば、何でも取りに行く」というマインドが必要不可欠なのだ。

ロスゼロ 前川

*自治体と連携し、子ども食堂に食品を提供している

前川「前職は、厳しいフルコミッションの世界。『指示待ちでは何も始まらない。大切なのは、自分で考えて動くこと』という風土の会社でした。加えて、当時のソリューション営業の経験が、今、大いに役立っています」

ロスゼロの営業も、まさにソリューション営業。サービスを売って終わりではない。

顧客の食品製造・加工会社と共に、チーム一丸となり、行き場をなくした食品ロス予備軍を削減していく。先方のニーズや課題を聞き出し、アイデアを出し合い、長きにわたるパートナーシップで取り組む営業スタイル。

業種は違えど、前職で経験したソリューション営業と根底に流れているものは同じだ、と、前川は言う。

ロスゼロ 前川

一方、「経験が無いからこそ得られたプラスの効果」もある。

前川「私はロスゼロに入社するまで、食品ロスやSDGsの業界に携わったことはありませんでした。ですが、『先入観がない』ことが、逆にプラスに働く場面も多々あるんです」

一つの業界で長く働くと、知識や経験を培うことはできるが、業界の常識に無意識に縛られ、自由な発想でアイデアを出しづらくなることもある。

その点前川は、未経験であることを、大いに強みに変えられていると言うのだ。

前川「2022年、当社は、アップサイクルブランド『Re:YOU(りゆう)』の第二弾商品となる『気仙沼みなといちご』を発売しました。
みなといちごは、 海外から輸入された、製菓材料のクーベルチュールチョコレートが、製品化に至らず未利用のまま廃棄となってしまうところに目をつけ、『DtoC』(自ら企画、製造した商品をどこの店舗も介すことなく自社のECサイトで直接顧客へ販売するビジネスモデル)で販売する国内初の取り組みとして、発売開始から大きな注目を集めました」

気仙沼みなといちご

みなといちごは、メディアでも多数取り上げられ、販売開始からわずか数ヶ月で、累計で2万点を販売するに至った。

前川「みなといちごに限らず、社長の文(ぶん)を含め、私たちに業界の固定概念が無いからこそ、実現できたアイデアが数多くあります。
業界経験があるに越したことはありませんが…未経験だからこそ、突破できることもまた、たくさんあるんです

どんな会社に転職するにせよ、今までの経験をそのままの形で活かせることは、あまりないのかもしれない。業界、社歴、事業内容、規模感が違えば、当然業務内容も異なる。

その上で、これまでの経験やスキルを持って動き続けた結果、点と点が線になり、次第に自分が持つスキルの活かし方が見えてくる。

まずは動いて、そこから学び、形にしていく」という、スタートアップ企業で働く上での大切な姿勢を、前川から教えられたように思う。

この人の側で、学びたい!働きたい!

前川がロスゼロに転職したきっかけは、テレビでたまたま、ロスゼロの特集を目にしたことだった。

前川「3年前の5月の連休明けでした。何気なくテレビを見ていたところ、ロスゼロが取り上げられていました。それまでは、食品ロス問題について深く考えたことが無かったので、『素敵な取り組みをしている会社があるんだな』と思いながら見ていました」

そして、インタビューの最後に社長の文が言ったこの言葉が、前川の人生を大きく変えることとなった。

「私はいち女性起業家として、女性の社会進出を助けたい」

ロスゼロ 文

社長の文(ぶん)。創業以来メディアに取り上げれた回数は100回を超える。

前川「驚きました。女性の社会進出は、私が長年感じていた課題そのものだったから。ロスゼロは現在、食品ロス削減に取り組んでいるけれども、将来は世の中にある様々なロスを解決できる会社になりたい。そして日本では、女性の力が活かされていないことも、大きなロスの一つだから、自分は女性起業家として、女性の社会進出の助けになるようにしていきたい、と文は話していました」

社会から断絶された女性が、再び就職することの難しさ。
ネットショップを立ち上げたものの、二人目出産で諦めてしまったこと。
前川の周囲にも、スキルは高いにも関わらず、再就職に悩む母親がたくさんいたこと。

自分のこれまでの人生が、フラッシュバックしたような衝撃だった。

前川「文は、課題を感じるだけではなく、実際に行動して、自らの生き方を通じて、世の中を変えようとしている。それに加えて、食品ロス削減事業は、今後ますます必要とされる可能性のある事業。
この人の側で働いて、たくさん学んで吸収したい。ロスゼロで働きたい!と直感的に思いました」

翌日、早速ロスゼロに電話をした前川。

電話に出たスタッフに、求人募集について聞いてみたところ、「あいにく現在、求人募集はしていない」と言われた。

前川「ところが…『ロスゼロで働きたい』という私の気迫が伝わったのか(笑)、その方が、文に電話を代わって下さいました。そして、電話で少し話した後、文は『前川さん、今どこにいますか?今から会えますか?』と言ってくれて…。
私は会社に伺う気満々で、既にロスゼロの近くで待機していたので(笑)その足ですぐに会社へ向かったんです」

二人は1時間半ほど話し込み、意気投合。前川はその場で入社の意思を固め、約2ヶ月後の7月にロスゼロに入社することとなった。

彼女が人生でこんなにも突き動かされたのは、後にも先にもこれが初めてだった。

ロスゼロ 前川

ロスゼロの役割は、消費者の意識を変えること

あれから3年、ロスゼロの主要メンバーとして活躍する前川は、こんな風に言う。

前川「ロスゼロは、消費者の価値観を変えるという重要な使命を持つ会社なんです」

惣菜や生ものは別として、製造・加工されたものに関しては、早く食べても、賞味期限直前で食べても、味はほぼ変わらない。また、「規格外」とされる形の崩れた食品も、見た目が通常のものとは少し違うというだけで、美味しさは変わらない。

にも関わらず、値下げして販売しなければ、消費者に手にとってもらえない。

この世の中の構造に、食品ロス問題の原因があると、前川は指摘する。

ロスゼロ

「消費者に送る食品には、メッセージカードを添える」等、工夫を忘れない。

前川「消費者の方に、食品ロス予備軍をお得な価格で届け、最後まで美味しく食べきって頂くことは、当社の大切な仕事の一つ。でも、そこで終わってはいけないと思うんです。もう一歩踏み込んで『本来の価値に、正当な対価が支払われる世の中にするために、消費者の意識を変えること』これこそが、真の食品ロス削減に繋がると思うからです」

この大きな目標に向かって、自分の持てる力を全て出しきって、毎日全力投球を続ける日々。

こんなにやりがいのある、面白い仕事は他に無い」と、前川は目を輝かせながら話す。

これまでの人生で、無駄な経験など何一つ無かった。全ては今に繋がっている。

前川のチャレンジは、まだ、始まったばかりだ。

ブログ一覧