だてにはげてない男、杉浦佳浩の、モダンエルダーな生き方。

外部ページURL

紹介だけで、年間1000人を超える経営者に会い続けるビジネスマンがいる。

代表世話人株式会社 代表取締役の杉浦 佳浩(すぎうら よしひろ)。

代表世話人 杉浦佳浩

スキンヘッドにメガネ姿が、彼のトレードマークだ

杉浦の周りには、新規市場開拓、営業支援、資金調達、広報、マーケティング、人材採用、社員教育等、ありとあらゆる領域のプロフェッショナルや企業がいる。

彼らは、杉浦がこれまで丁寧に信頼関係を築いてきた、言うなれば「杉浦応援団」だ。

そして、杉浦は「是非会ってほしい人がいる」「あの人を助けてやってほしい」といって紹介された相手に対して、杉浦応援団の中から最適な人や企業を繋げる。

その結果、数多くの経営者や企業が、彼に救われ、窮地を脱し、事業を成長させてきた。

彼らはみな、このように口を揃える。

「すべては杉浦さんのおかげ」「杉浦さんには感謝してもしきれない」と。

代表世話人 杉浦佳浩

杉浦と旧知の中である関西の経営者との1枚

彼についてよく知るために、代表世話人株式会社のホームページを覗いてみた。

見る限り、彼は一人会社のようだ。

設立日 2014年9月某日(事業開始日:思いが結実した2015年1月1日)

住所 大阪周辺、ときどき東京をふらふら、どんどん全国へ!

そして、気になる事業内容の欄には、

「世話人業」

と、だけ。

代表世話人 杉浦佳浩

代表世話人のホームページの会社概要欄

ホームページを見たものの、余計に謎が深まってしまった我々は、彼の魅力を解き明かすべく、直接のインタビューを実施した。

そして、インタビューが終わる頃には、すっかり彼の大ファンになっていた。

第一章:世話人の仕事は、まるでお見合いの仲人。

まずは、気になる仕事の内容について、本人の口から語ってもらおう。

杉浦「杉浦さんのお仕事はなんですか?と聞かれると、『その道のプロをたくさん知っているプロフェッショナル』かな、と…。僕が直接、その会社を支援するというよりも、課題を相談に来られた方に、僕の周りのプロフェッショナルを紹介して繋ぐ。
僕に相談に来られた方の課題が解決され、その結果、僕が紹介したプロフェッショナルにとっても有益な情報交換ができる。お互いがWIN-WINになる紹介を心がけています

杉浦が独立する前から仲良しの経営者との1枚。

杉浦「とはいえ、僕はあくまでも『繋ぐ』だけ。その後、どういう展開にしていかれるかは、当事者の皆さんが決めること。でも皆さん、行動力や熱意がある方々なので、どんどん動いて形にされて、その後『杉浦さんのおかげです!』と連絡をいただくんです。とんでもないことです、僕は何もしていません。
僕は、『繋いだだけ』ですから」

話を聞いていると、それはまるで、一昔前のお見合いの仲人のようだ。

一組の男女を引き合わせ、実際に顔合わせをした後は、「あとは若いお二人で…」と言ってその場を立ち去る。

そういった、「世話好きの、知り合いのおじちゃん」というイメージなのだろうか。

杉浦「そうかもしれません(笑)僕は元来の世話好き。独立する前の会社員時代に、お客さんから『世話人』という肩書を頂いたんです。『杉浦さんって顧問でもないし、相談役でもないし…世話人という呼び方がしっくりくるね』と。
ですから、独立後の社名も、代表世話人にしました。
そういえば、以前紹介した方々が、実際に結婚された、なんていうこともありましたね。期せずして、仲人のような立場になっていたこともあります(笑)」

ビジネスの場面を通り越して、恋のキューピットにまでなっていたとは、杉浦氏、恐るべし…。

この男、だてにはげてない

第二章:父がしてくれたOJT、母がくれた原体験

彼は、人を喜ばせるのが大好きだ。

「この人を紹介すれば、きっと笑顔になってもらえるだろう」
「この人達が繋がれば、本人たちも想像だにしなかった面白いことが起こるだろう」

未来を想像しながら、まるでサプライズをするかのように、人と人を繋いできた。

この性格は、父親譲りなのだという。

86歳を超える杉浦の父親。年々、パワフルさに磨きがかかっている

杉浦僕のルーツは、間違いなく、お父ちゃん。父親ですね。父親は、親戚の会社の専務だったので、月曜日から金曜日まで決まった時間に家を出て帰宅する、という生活ではありませんでした。
日常の中に、ごく自然に、仕事が溶け込んでいました」

杉浦の父親は、働き者だった。時には平日だけでなく休日にも、得意先を訪問し、いわゆる御用聞きを行っていた。とはいえ、休日に何も用事が無いのに、お客のところに行くことはできない。

「何か口実が必要だ…」

そこで、幼い杉浦の出番だった。

杉浦「父親は、日曜日になると5歳の僕に『今からお客さんのところに行くぞ!』と言って、僕を連れて得意先を訪問しに出かけました。そして、お客さんの前でこう言うんです。
いや〜うちの子が、休みの日やからどっか連れて行けってうるさいんですわ〜。だからこうして、連れて来させてもらってますー』と。
僕は、そんなこと一言も言ってないのにね(笑)」

その年頃の男の子は、日曜日であれば「公園に行きたい」「友達と遊びたい」と思う時期。父親の仕事に付き合うことを、嫌がる子どもも多いのではないだろうか。

ただ、杉浦は、父親と営業に行くのが、とても楽しかった。

父親はお客のところに行く前、杉浦に、よくこんな風に話してくれた。

ええか、お客さんから頭を撫でてもらったら、にこーっと笑うんやで。そしたら、お客さんは嬉しいやろ?あめちゃんをくれたり、『僕かわいいなぁー』と言って笑ってくれはる。そうしたら、おまえも楽しいやろ?」

と。

杉浦「実際に、お客さんのところでにこーっと笑うと、すごく喜んでもらって。『相手が笑顔になるって嬉しいなぁ』と、子どもながらに感じました。
父親がどんな仕事をしているのか、もわかって嬉しかったし、コミュニケーションの大切さも学ぶことができた。
これ以上ないOJTでしたね。
大人になって、父親に『あのときのこと、感謝してるで』と伝えたところ、『え?そんなことあったか?』と忘れていましたが(笑)」

毎年年末になると、父親は率先して、杉浦の会社のカレンダー発送を手伝ってくれる

あれから50年経ち、杉浦は今、「人と人を繋げる仕事」をしている。この仕事が成り立つのは、時間をかけ、丁寧に交流を深めて培ってきた信頼関係があるからこそだ。

特に彼が心がけているのは、「杉浦のことを信頼して、大切な友人や家族を自分に紹介してくれた方に失礼がないようにする」ということ。

このことは、父親が5歳の杉浦に、身を持って教えてくれたことだった。

一方、母親から教わったことも、杉浦の今の生き方に大きな影響を与えている。

仲の良いご両親。彼らの笑顔は、周りを元気にしてくれる

杉浦の母親は、おっとりとした穏やかな人だ。兵庫県のとある田舎町で、田んぼや畑、山や緑に囲まれた、自然豊かな場所で生まれ育った。

そして杉浦は小学生の頃、夏休みになると、一人で電車に乗り、母親の実家にいき、叔父の農作業を手伝った。

田んぼの中を走り回り、虫を追いかけ、その土地の人達と触れ合う…大阪の実家とは全く違う土地での体験は、全てが新鮮で、楽しかった。

言うなれば、これは杉浦少年にとっての小旅行だった。

杉浦「この原体験のおかげで、僕は後に旅行好きになったのだと思います。大学時代はリュックサック一つで海外の色々な土地に行きましたし、今でも仕事で、地方に行くのが大好き。どこか懐かしさを感じるんです。それは、幼い頃に見た、田舎の風景と重なるからかもしれません」

彼は、大阪ー東京往復間でのぞむ富士山の姿が、大好きなのだ

電車に乗って、初めての土地を訪れ、初めての人と会う。杉浦にとって仕事は、「旅行」そのもの。

だから、毎日が楽しくて、仕方がないのだ。

つづく…→

死を覚悟した。妻の一言が、独立のきっかけになった。代表世話人杉浦佳浩の、起業のきっかけ。

 

ブログ一覧