人は誰でも社長になれる。夢を持つ人を支援するチームエナジー、その舞台裏。

外部ページURL

情熱と成長意欲のある全ての人が、グループ内で事業を起こし、経営にチャレンジすることができる会社、Team Energy(チームエナジー)

中央電力株式会社の創業者である中村誠司が、50歳を超え、残りの人生をかけて立ち上げた会社だ。

Team Energyでは、社員や顧問が、登記・経理・総務・法務・労務・財務・事業戦略・マーケ−ティング・ブランディング・広報・採用・ITツール導入…など、経営に必要な様々な支援を行う。

本格始動からわずか3年で、グループ会社は27社を超える。凄まじい勢いだ。

業種は、「エネルギー、再生可能エネルギー発電事業、ブランドコンサルティング、気候変動コンサルティング、DX支援、エステ、食パン製造、子ども向けサイエンス事業、家庭向けIot機器の導入支援」など、多岐にわたる。

さらに驚くことに、27を超えるグループ会社を、わずか社員4名と数名の顧問陣で支援しているという。

主役はあくまでも経営者、自分たちは黒子に徹する」というTeam Energy社員。

今回は、普段はあまり表に出ることのない彼らに、スポットを当ててみたい。

チームエナジー Team Energy

豪快な社長と、彼を支える社長室(=秘書)の強い絆

Team Energyで働く4名の社員のうち3名は、元は中央電力の社長室で働いていた。

そして、Team Energyに移籍してからも同様に社長室としての役割を担い、代表の中村のアポイント調整、同社が保有する施設の管理、グループの経営者が集う合宿やイベントの取りまとめなどが主な仕事だった。

その後、グループ会社が増えるにつれて、各社の経理業務や経営の伴走など、求められる業務の内容や幅がどんどん広がっている。

その中でまず最初に話を聞いたのは、秘書として代表の中村の動きをサポートしながら、グループ会社の総務・経理・労務をこなす、岡野百合乃。

チームエナジー TeamEnergy業種業態が違えば、経理品目の仕分けの内容も異なるため、業務は複雑になりがちだ。とはいえ、扱うのは大事なお金の部分。

絶対にミスが出ないよう、顧問税理士や社労士と連携しながら、緊張感をもって仕事に取り組んでいる。

岡野「グループ内には、まだ事業を起こして日が浅く、商品やサービスの改善から、営業、広報まで、多岐にわたる仕事を経営者が一人でこなす会社も多いです。ですから、総務や経理の仕事は私達にお任せいただき、心おきなく事業に集中してもらいたいと思っています」

岡野は、代表の中村の秘書になるまでに、他社で秘書業務を経験してきた。

一番最初は、従業員数1000人規模の老舗商社の、社長兼役員秘書からスタートした。その会社では、勤続20年を超えるベテラン社員から、秘書業務の心構えや基本を徹底的に叩き込まれた。

2社目は、歯科医療法人で院長秘書兼医療事務兼受付として、3社目は大学病院の教授秘書として働いた。その後、中央電力に入社し、中村の秘書になった。

チームエナジー

Team Energy経営合宿にて

この「中村の秘書」の仕事は、これまでに彼女が経験してきた秘書業務とは一味も二味も違っていたという。

岡野「最初は、中村のアポイント調整をしていましたが、次第に、社長室の仕事も兼務するようになりました。
会社の周年記念イベントの準備、出席者への連絡、会場の手配、当日の受付など、任される仕事は年々増えていきました。
常に新しいことにチャレンジし、目まぐるしく変化していく中村に対応しながら、複数の業務を同時並行で行い、多様な関係者とのやり取りを重ね、全てを円滑に進めていく…
中村の元での仕事は、本当に鍛えられました(笑)」

会社が成長し、組織の体制が整ってきた頃、中村から「中央電力を退職し、Team Energyで新たなチャレンジをする」という話を聞かされた。そして、一通り話を聞いた後、中村はこんな風に言った。

岡野さんも、当然一緒にTeam Energyに来てくれるよね?

多少の戸惑いはあったが、常に新たな道を模索し、行動を続ける中村の元で働いてきた岡野にとって、自分もTeam Energyに移籍することはごく自然な流れだった。

そして、自分も中村と共に会社を移籍することを決めた。

岡野「長年勤めた会社を、まさかこのような形で退職することになるなんて、想像もしていませんでした(笑)。
現在は、秘書業務に留まらず、経理や総務の仕事も兼任しているので、一から勉強することも多くて大変ですが、1年後の自分がどうなっているか、全く想像もつかないこの環境が、自分には合っているみたいです。
これからも、柔軟にチャレンジを続けていきたいです」

コロナ禍で退職を余儀なくされた後、Team Energyで開けたキャリア

次に話を聞いたのは、2020年6月からTeam Energyの秘書チームに加わった、竹田由佳だ。

チームエナジー Teamenergy元は、スポーツジムのインストラクターや、アパレル業界で接客の仕事をしていた竹田。一昨年、新型コロナウイルスの影響により、勤めていた会社の経営が傾き、退職を余儀なくされた。

そんな時、知り合いから「中村がTeam Energyで働いてくれる人を探している。話を聞いてみてはどうか」と、声をかけられた。

竹田「岡野さんの秘書業務が手一杯になり、そのあたりをサポートできる人を探しているということでした。
私は今まで接客業を中心に働いてきて、秘書の仕事は未経験でしたが、コロナ禍で『仕事がある有難さ』を痛感していたので、チャレンジさせてもらうことにしました。
現在の私の仕事は完全に裏方。経営者の皆さんが安心して経営に集中できるよう、しっかりサポートしていきたいと思っています」

チームエナジー TeamEnergyTeam Energyでは、年始にグループ経営者が一堂に会し、その年の抱負を共有しあう「正月会」や、経営者合宿、顧問合宿等が行われる。

それらの準備や運営サポートもまた、竹田やTeam Energy社員が全て行っている。

主役は経営者で、私たちは黒子

スポットライトを浴びて活躍する経営者達の影で、彼らのような存在が、Team Energyやグループ会社を支えている。

チームエナジー TeamEnergy

竹田「グループ会社の成長に応じて、Team Energy社員の役割もどんどん変化し、増えていきます。中村は常々『一人で八役をこなせる、八足のわらじをはく集団になろう』と言いますが、その言葉通り、とてもチャレンジングで、働いていて全く飽きのこない組織。それが、Team Energyだと思います」

つづく…https://www.story-tellers.jp/story/teamenergy_member_2/

素人が想いだけで運営できるほど、経営は甘くない。だからこそ、チームで経営にあたるのだ!

ブログ一覧