「経営者」になりたい人 この指止まれ!高校生、ママも、みんなが事業を起こせる会社「Team Energy(チームエナジー)」

外部ページURL

目の前に、事業を起こして経営者になれるチャンスがある。挑戦しますか?

そう聞かれて、あなたはどう答えるだろうか。

「人生は一度きり、できるものなら事業を起こしてみたい」か。

はたまた、「そんなこと、自分には到底無理な話」か…。

チームエナジー 合宿事業を起こすには、相応の覚悟が必要だ。

勤めている会社を退職し、背水の陣で挑んだところで、成功の保証は一切ない。何が正解か、どの道がベストかなんて、誰にも分からない。それでも、自分を信じ、歩み続けなければならない。

一方、ゼロから1を創る仕事は、大きなやりがいと喜びにあふれた素晴らしいものだ。

自分たちが納得できる商品やサービスをつくり、お客様に届け、喜ばれ、何もなかったところに次第に道が出来ていく。働き方や会社のルール、誰と働くか、どこをめざすかということ全てを、自分たちで決めて進んでいける。

まさに、自分が主役の人生を送ることができる。

それが、経営者として生きるということだ。

チームエナジー合宿ここに、「人は誰しもが経営者になれる」という信念のもと、「情熱と成長意欲」がある全ての人に、経営にチャレンジする場を提供する会社がある。

Team Energy(チームエナジー)株式会社。

チームエナジー BASE事業に必要な資金の調達、経理・法務・労務などのバックオフィスサポート、戦略・マーケティング・ブランディング、採用に至るまで、経営に必要な支援を惜しみなく提供する。

経営者になる者は、自らの資金を持ち出すことなく、役員報酬を受け取りながら、事業を成長させていくことができる。

さらに、その事業で十分な売上や利益を上げられるようになっても「売上の◯%をTeam Energyに支払う」という必要は一切ない。

そんなうまい話が、本当にあるのだろうか。そして、Team Energyという会社は、一体何のために、このような事業を行っているのか。

様々な疑問が渦巻くこの会社を、順に紐解いていくことにしよう。

本格始動3年で、グループ会社は30社

現在、東京・大阪・京都に拠点を持つTeam Energy株式会社。2012年に設立され、数年の準備期間を経て、2018年に本格始動した。

4人の社員と、経営のプロである顧問陣で会社を回している。

まずは、社長室の最年長者である河原 典仁(かわはら のりひと)に話を聞いた。

チームエナジー 河原

河原典仁。Team Energyの大阪オフィスにて。

河原「私たちは、情熱と成長意欲のある人に、経営にチャレンジする場を提供する会社です。
誰もが経営者という生き方にチャレンジできる世の中をつくりたい』という想いのもと、中央電力の創業者である中村誠司によって設立されました。
経営者になる方には、基本的にはグループ会社として事業を立ち上げていただきますが、その数は2021年10月時点で29社。
現在も同時並行で、いくつもの会社が、立ち上げ準備の真っ只中にあります」

本格始動してわずか3年で、グループ約30社に迫るとは、ものすごい成長スピードだ。

グループ会社の業種は、「エネルギー、再生可能エネルギー発電事業、ブランドコンサルティング、気候変動コンサルティング、DX支援、エステ、食パン製造、子ども向けサイエンス事業、家庭向けIot機器の導入支援」など、多岐にわたる。

様々な事業が毎月のように生まれている。

河原「Team Energyでは、『国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)』達成に向けて、社会課題を解決する事業を創る』ことを掲げています。

すから、どのような業種業態にチャレンジするにしても、単に自分たちの利益を追求するだけではなく、『社会や地球のためになることを行う』という点を、とても大切にしています。
経営者の年齢は10代〜60代と幅広く、高校生、子育て中のお母さん、定年間近で脱サラした方など立場も多様…組織の規模も、一人会社から、上場を狙える会社まで様々です」

様々なタイプの経営者が、多様な事業を行うTeam Energyだが、経営者全員に共通していることがあるという。

それは、「情熱と成長意欲がある」ということだ。

ふるさと熱電 赤石「社会に役立つサービスを提供したい」「自分自身が描いた夢や目標を実現したい」といった、心の中に熱い思いを持つ者たちが集まっている。

情熱ある経営者たちがチャレンジの真っ只中にあるTeam Energyだが、今度はその設立のきっかけに迫ってみよう。

残りの人生をかけて、チャレンジできるものは何か

創業者は、中村誠司、現在53歳。

Team Energy 中村誠司

Team Energy創業者の中村。

25歳の時、当時勤めていた証券会社を退職し、たった一人で、コスト削減のコンサルティング会社を立ち上げた。

約10年後、マンションの電力一括受電事業を開始し、売上高300億円を超える会社へと成長させた。

豪快な性格で、面倒見のよい兄貴肌。中村の元にはいつしか、仲間の経営者たちが、毎週のように経営の相談に訪れるようになった。

そして、自身の経営の傍ら、仲間の新規事業のアドバイスや、事業再生支援を行うにつれ、中村の中に、ある思いが芽生え始めた。

中村「中央電力の組織体制も整い、私がいなくても問題なく会社は成長するようになり、『中央電力での自分の役割はもう終わったかな』と思うようになりました。
『では次に、自分が成し遂げたいことは何だろう』『残りの人生をかけて、自分がチャレンジしたいことはなんだろう』と、徹底的に自問自答する日々が始まりました」

数年間、徹底的に、自分の棚卸しを行い、自分と向き合い続けたという。

今でこそ成功した経営者として紹介される中村だが、彼は自分自身のことをこう振り返る。

「僕は学歴もなかったし、頭も良くない。新卒で入社した会社の試験でも、成績はほぼ最下位だった。上司と反りが合わないことも多く、組織には向かないタイプだったから、経営者になるしかなかったんだ(笑)

立ち上げた事業はことごとく失敗。多額の借金を抱えた時期もあった。

中村さんは情熱はあるが、戦略面が弱い。経営には両輪が必要だよ。

仲間からのアドバイスに、時に悔しさを感じながら、転ぶたびに何度も立ち上がり、挑戦を続けた。

そして、30代半ば。電力一括受電という事業アイデアにたどり着いた。そこから会社は軌道に乗り、大きく成長していった。

Team Energy チームエナジー

Team Energy内には、電力事業を行うグループ会社も多い。

中村「『人は、何度だってやり直せる』。そのことを、身をもって体感してきた人生でした。そしてこれからは、『残りの人生をかけて、夢破れた人や、情熱はあっても様々な制約がありチャレンジできない人たちを、支援していきたい。
こんな自分だって経営し、会社を成長させることができたのだから、必要な支援体制さえ整えれば、誰しもが経営者になれる。そんな世界を体現していく。』
そう決めました。
そして社名は、自分が電力事業をやってきたことや、情熱を持った人たちが集まるチームにしたいという想いをこめて、Team Energyにしました」

チームエナジー中村

年始のTeam Enegyグループ「正月会」の様子。

情熱だけでやっていけるほど、経営は甘くない。そのことを、中村自身が痛いほど理解していた。そんな彼だからこそ、経営者に必要な具体的な支援のやり方が見えていた。

そして構想から9年が経った2021年3月末。残りの人生をすべてTeam Energyに注ぐべく、中村は中央電力の会長職を退任、同社から完全に引退した。

今まで得られたお金は自分の死後、手元には1円も残さず、社会やTeam Energyに全て還元する

その中村の決意のもと、Team Energyは、事業、及び事業投資で得られる収益で運営し、それらを自分たちの利益として蓄えるのではなく、全てを、次の事業投資や環境整備に注ぎ込む体制をとることとなった。

チームエナジー

社員や経営のプロである顧問陣が中村を支えている。

大切なのは「ビジネスプラン」よりも「人となり」

通常の経営支援は、経営者に成長の可能性が見込めるビジネスプランがあることが大前提だが、Team Energyでは、事業プランすら必要ないという。

河原「Team Energyでは『まだアイデアレベルだが、事業化に向けてチャレンジしたい』という方や『自分の強みは認識しているが、それをどう事業にすれば良いか分からない』といった方も大歓迎です。
同時に、Team Energy内にある事業プランを形にして下さる経営者候補を常に探している状態でもあります」

Team Energy チームエナジー

事業アイデアが固まらなくても、グループに参画できる。

この点について、創業者の中村は、よくこんな話をする。

『自分は、25歳で会社をつくり、様々な事業を立ち上げ、約30年間経営に携わってきた。
その中で、経営には「起こす」「育てる」「仕上げる」という3つの役割が必要だと知った。

とはいえ、ひとりの経営者が全ての役割をこなす必要はない。

3つの中で最も得意な役割を担い、苦手なところは、それが得意な人に任せればいい。

自分の場合は、ビジネスアイデアを最初に思いつく「起こす」役割が得意で向いている。だから「起こす」役割を担い、その事業を「育てる」「仕上げる」ことについては、最適な人を見つけて任せる。

そうすることで、結果的に事業は大きく強く育つ」

チームエナジー Team Energy

Team Energyでは様々な分野のプロが顧問として伴走する。

チームエナジー顧問

新規事業構築、マーケティング、営業、採用…幅広い支援体制がある。

河原「これまでは、中村とご縁のあった人に声をかける方法を取っていましたが、今後は門戸を広げ、広く経営者候補を募っていく予定です。
その皮切りとなる企画が、2022年に実施をスタートする『CEOオーディション』。
事業プランを売り込むビジネスコンテンストとは違い、『自分自身を売り込む』というものです。
その方の人間性、行動力、情熱、成長意欲、魅力、可能性といった部分を重視し、審査に通った方に、経営の資金を提供する。
事業プランも大切ですが、それ以上に大切なのが、『経営者の人となりだ』というのが、Team Energyが大切にしている考え方なんです」

企画実行に向けて、入念な打ち合わせと調整が行われている「CEOオーディション」。告知可能なタイミングが来たら、ぜひ概要をチェックしてみたい。
CEOオーディションのHPはこちら。
つづく…https://www.story-tellers.jp/story/team_energy_2/

ブログ一覧