39歳、3児の母が、人生2度目の経営にチャレンジ。数多くの挫折を乗り越えて。

外部ページURL

2021年9月。とある会社が産声をあげた。

株式会社ストーリーテラーズ。

商品・サービスの魅力が伝わるSTORYを制作する会社」だ。

「企業側」の想いやこだわりと、それを愛用する「顧客側」の生の声、双方の視点で掘り起こした魅力を、「第三者の立場」で文章と写真によってつむぎ、STORYにする。それらをストーリーテラーズのWEBサイトに掲載し、社内外に伝える役割を担う。

代表は、高野(こうの)美菜子、39歳。コアとなるメンバー3人も全員が小さい子どもを持つ母親だ。そのため、ストーリーテラーズは事務所は持たず、普段は自宅で仕事をしている。

ストーリーテラーズ高野

普段は、在宅で仕事を行っている

高野が会社を立ち上げるきっかけは、Team Energy(チームエナジー)という会社と出会ったことだった。同社は「共(きょう)経営」という考え方のもと、夢や事業の実現を目指す人たちに対して、資金面から戦略まで、必要な経営支援を惜しみなく提供している。

3人の子どもを持つ母親で、自分の時間や労力の全てを仕事に注ぐことはできず、働き方はほぼ在宅ワーク。通常であれば、スタートアップとして支援を受けることが難しい彼女が、なぜ、チームエナジーの支援のもと、事業を立ち上げるに至ったのか。

まずは、チームエナジーとの出会いのきっかけを聞いてみることにした。

はじまりは突然に

高野「2021年6月のことでした。日頃からとてもお世話になっている方から、『チームエナジー代表の中村さんが、商品やサービスについてインタビューし、それを文章にして紹介してくれる人を探している。
高野さんは、中村さんのことを昔からよく知っているし、インタビューや文章を書くことが得意だから、ご紹介していいですか?』と連絡を頂いたことがきっかけでした」

高野は、20代の頃に一度会社を立ち上げている。その時、中村氏(当時、中央電力の代表)にお世話になった経緯があった。とはいえ、出産後は仕事もセーブし、全く面会の機会もなかったため、「まずは中村さんの話を聞いてみる」と返事をした。

ストーリーテラーズ高野

女性活躍推進の研修講演の会社を経営していた高野

高野「オンラインで打ち合わせをさせていただくことになり、なぜ中村さんが商品やサービスを文章で伝えたいと思われているのか、その理由についてお聞きしました。そして自分なりに『私は、こういう形でお役に立てると思う』と伝えました」

すると中村氏は、こんな風に言った。

『僕の周りには、社会に役立つ商品や素晴らしいサービスを提供しているのに、その魅力がうまく伝わらないと言って、悩んでいる経営者がたくさんいる。

だからいっそのこと、会社にしてしまって、高野さんが社長になるのはどうかな。チームエナジーのグループ会社として立ち上げればいいし、資本金も出す。高野さんは身ひとつでやってくれたらいい。ご主人とも相談して、考えてみて』
と。

高野「全くもって、状況が理解できませんでした(笑)
私は『ひとつの仕事を受けるかどうか』の話をしていたのに、いきなり、会社を設立し、その代表に就任するところにまで話が飛躍したのですから。
しかも、その時はチームエナジーがどういう会社なのか全く知らなかったので、
え?グループ会社?出資?誰が?何、どういうこと?
と謎だらけでした。
…というか、謎しかなかったですね(笑)
ただ直感的に、『これはすごいチャンスかもしれない、やってみたい』と、思いました。
実際面談の後しばらくは、気持ちが高揚して、ずっと手の震えが止まりませんでした。

高野は早速夫に相談したところ、あっさりと「やりたいなら、やってみたらいいんじゃない?」という言葉が返ってきた。そこで、その日のうちに中村氏に、チャレンジする旨を伝えた。

その後、この話を紹介してくれた杉浦氏に報告したところ、「仕事を受けるどころか、会社を作ることになったなんて…!」と、言葉にならないほど驚かれたという。

紹介してくれた、杉浦佳浩氏。もう10年以上のつきあいだ。

それにしても、必要な情報は全く揃っていないにも関わらず、チャレンジしようと思えたのはどうしてか。20代の頃に一度会社を立ち上げた経験があり、「事業を立ち上げる」ことに抵抗がなかったからなのだろうか。

高野「いえ、決してそうではありません。むしろ私は、1社目の立ち上げ経験から『もう二度と経営にはチャレンジしない』と固く心に誓っていたからです」

1社目の起業で経験した挫折

高野は、2009年、彼女が27歳の時に、株式会社ナチュラルリンクという会社を立ち上げた。

様々な会社で研修や講演を行っていた

もともと感覚と勢いで動いてしまうタイプで、10年間必死で頑張っても、会社を軌道に乗せることができず、お金の苦労を嫌というほど味わったという。

高野「会社を設立して1年ほど経った頃、自宅で明日の準備をしながら財布の中身を確認したら、千円札1枚しか入っていなくて。
通帳もすっからからんで、明日、営業に行く交通費すらないことに気づきました。
時計をみると、ちょうど20時。
あ、まだ、ヨドバシカメラがあいている!買取カウンターに何かを持っていけば、お金になるかも!
そう思った私は、早速家にあったゲーム類や売れそうな機器をかき集め、リュックに詰め込んで自転車を走らせ、閉店間際のヨドバシカメラにかけこみました」

いそいで買取カウンターに行き、持ってきたものを広げて換算してもらったところ、「全部で8000円だ」と言われた。

思っていたより少ない金額だったけれど、これで1週間はしのげる」とほっとしたものの、次の瞬間、自分があまりにも情けなく、みじめで、泣けてきた。

高野「もうすぐ30歳になるというのに、そして周りはみんな、結婚し、子どもを産んで、充実した人生を送っているというのに…私は、明日の交通費すらない状況。
ヨドバシカメラを出た後、大阪の御堂筋通りを、泣きながら自転車を漕いで帰りました」

そこから数年間、必死に頑張ったが、体調を崩したり、家族や子どもたちのことが後回しになることも多く、次第に仲間も一人、二人と去っていった。

当時は、産前産後もほぼ休むことなく働いていた

高野「会社設立から10年が経った頃。『私には経営は向いてない。もう、潔く身を引こう』と決めました。そして、当時お付き合いのあったお客様のみ最後まで対応させていただき、新たに営業はせず、いただいた仕事を年に数回行いながら、しばらくは子育てに専念することにしました」

その後は3年間、子どもを14時に幼稚園に迎えに行き、公園で遊び、帰宅して晩御飯をつくる生活に。服装も「スーツにヒール」から、汚れてもいいデニムにスニーカーに変わり、今までとは180度違う毎日を送ることになる。

子育てに専念し始めた最初の頃は、午前中にスーパーに買物に行くたび、仕事をさぼっているような罪悪感におそわれることもあった。

子どもたちと公園に行くのが日課になった

周囲の華々しい活躍をSNSで目にする一方で、自分はビジネス街に足を運ぶこともなくなり、活動範囲は自宅から半径2キロ程度。

それでも、これまでとはうってかわって、子どもたちに寄り添い、彼らの成長を側で見守る日々は、新鮮で楽しかった。

そして、家事や子育ての合間にほそぼそとプライベートブログを執筆するという生活を続けていたところに、冒頭の中村氏からの話が舞い込んできた。

高野「まさに、青天の霹靂でした。
そしてもうひとつ驚いたのが、心の奥底にあった『もう一度、チャレンジしたい!このままで終わってたまるか!』という感情が溢れてきたことでした。
頭では『もう諦めよう。自分に経営は向いていない』と思っていましたが、実際は、悔しくて悔しくて、たまらなかったのだと思います」

長い間、無意識のうちに蓋をしていた。

感じないように、見ないようにしていた感情に気づいた高野は、再びチャレンジすることを決めた。

事務所はもたず、自宅のパソコン一台でのスタートとなった

→つづく…妻、母、社長、3足のわらじを履くことは可能?家族第一でスタートアップチャレンジ

妻、母、社長、3足のわらじを履くことは可能?家族第一でスタートアップチャレンジ。

ブログ一覧