地方にいても最先端!「志」×「ビジネススキル」で世の中を変えるベンチャー企業での働き方。

外部ページURL

皆さんは「ベンチャー企業で働く」ことについて、どのようなイメージをお持ちですか?

面白そう?
成長できそう?
大変そう?
残業が多い?
能力のある人だけができる働き方?

一言で「ベンチャー企業で働く」と言っても、規模、業種、地域、創業後の年数などにより、その仕事内容や社風は大きく異なります。ですから、「何となくイメージは湧くけれども、実際のところはよく分からない」という方も多いかもしれません。

というわけで今回は「ベンチャー企業で働く人のリアルな例」をご紹介しましょう。

地熱発電事業による温泉街の地域創生を手掛けるふるさと熱電株式会社の執行役員、吉田 浩之(よしだ ひろゆき)さん。

2017年、東京の大手コンサルティング会社から、ふるさと熱電に転職しました。「転職の決め手は何だったのか」「実際に働いてみてどう感じているのか」率直な想いを語って頂きました。

ふるさと熱電

ベンチャー企業が、地方から日本を変える時代に

東京のコンサルティング会社で、大手クライアント企業の事業支援をしていた吉田さん。

シニアマネージャーという責任ある立場で仕事に取り組む一方、「大手企業が東京から日本を牽引する時代は、もう終わった」と感じていました。

吉田「大手企業は、その規模の大きさから、どうしても、意思決定のスピードが遅くなったり、視野やアイデアが凝り固まってしまいがちです。
そのため、これからの変化の激しい時代を勝ち抜いていくには、スピード感や柔軟な発想を持ったベンチャー企業や中小企業の方が、有利になっていくと感じていました。
と同時に、今後は『地方』がキーワードになるという考えもありました」

日本は、はるか昔から、数十年スパンで「中央集権」と「地方分権」を繰り返してきました。

歴史は繰り返す。しばらくは東京一極集中が続いたけれど、今後は地方で経済が自立し、地方から日本が変わっていく

吉田さんには、そんな未来が見えていたのでした。

元同僚が、地域創生のベンチャーの社長に

そんな時、前職の元同僚と久しぶりに再会した吉田さん。食事に行き、話に花が咲きました。

元同僚の彼は、数年前に電力会社に転職。その後は、地熱発電で地方の温泉街を活性化するベンチャー企業の経営者になっていました。

火山大国の日本で、「マグマの熱を活かした地熱発電」という最先端の再生可能エネルギー事業に取り組んでいる。

田舎を拠点にしながらも、やっていることは最先端。彼の話には将来性があり、聞けば聞くほど面白い内容でした。

ふるさと熱電

すると彼は吉田さんに、こんな提案をしてきたのです。

「吉田さん、うちの会社でぜひ働いてほしいんだ。僕たちが手がける地熱発電の事業で日本の地方創生を実現しよう!」

この言葉が、その後の吉田さんの運命を、大きく変えることになります。そしてこの同僚こそが、何を隠そう、ふるさと熱電の経営者、赤石和幸さんなのでした。

ふるさと熱電

人生を変える決断

吉田「赤石から『ふるさと熱電に来てほしい』と言われた時、答えは迷わず『YES』でした。これからの時代は、ベンチャー企業が地方から経済を回していくと考えていた矢先の、地方創生事業との出会い。しかも、最先端の再生可能エネルギー事業に取り組んでいる。面白いに違いない。
ただ…その場ではOKしませんでした

これまでに何度か転職を経験してきた吉田さん。当時の会社で責任ある仕事を任されていたこと、家族のこと…様々なことが頭をよぎりました。

今、転職すれば、慣れ親しんだ土地を離れることも含め、自分だけではなく、家族の人生をも大きく変えてしまうことになる。

果たして赤石さんは、事の重大さを理解しているのだろうか…。酔った勢いで、軽はずみに発言しただけなのか…。

ふるさと熱電

吉田「赤石にはすぐに返事はせず、彼の覚悟を見極め、自分自身が納得できた時に、転職する旨を伝えることにしました。
そして、転職を決めた後は何があっても後戻りせず、自分がふるさと熱電を背負う覚悟で、仕事に取り組むと決めました」

返事は保留のまま、その日は一旦解散した二人。

ところが次の日から赤石さんは、吉田さんの想像を超えるしつこさで、猛烈に口説きにかかってきたのです(笑)

全てを包み隠さず、熱い想いをぶつける赤石さんの姿勢に心を動かされた吉田さんは、満を持して、ふるさと熱電への転職を決意。最初に転職の誘いを受けた時から、なんと1年が経っていました。

ふるさと熱電

大将自ら先頭に立ち、率先垂範で改革を

東京の大手上場会社から、創業5年のベンチャー企業へ転職した吉田さん。当時の様子をこのように振り返ります。

吉田「ふるさと熱電の社員は6人でしたが『たった6人しかいないのに、どうすればこんなにバラバラになれるんだろう』と不思議に思うほど、全員が違う方向を向いていました(笑)」

吉田さんはまず、社員一人ひとりと話をするところから始めて、自分の人となりを理解してもらい、会社の方向性や事業の目的を伝え、話に耳を傾けてくれる状態を作ることに注力しました。

とはいえ、そう簡単に事は運びませんでした。

吉田「社内には当初『よそからきたやつが、何を偉そうに』という空気が漂っていました。そりゃそうですよね。当然だと思います。ただ、前職でも似たような状況を経験していたので、戸惑いはありませんでした。
むしろ『この状況をどうやってひっくり返してやろうか…!』とワクワクしながら取り組んでいましたね」

一人で出来ることには限界がある。チーム力を高めることが事業を推進し、会社を成長させる。

その信念のもと、改革を推し進めてきた吉田が最も大切にしたことは、「自分が率先垂範する姿を見せること」だったと言います。

ふるさと熱電

吉田「昔の戦(いくさ)でもそうですが、自分は現場には出ず、安全な本陣から指示を出すだけでは、仲間の士気を上げることはできません。
大将自らが戦の最前線に立ち、リスクを背負って戦う姿を見せることで、仲間の心にも火が灯る。
そして徐々にチームワークが醸成され、組織がよりよく変化していくのだと思います」

吉田さんの話に耳を傾けてくれるようになった社員たちに、進捗管理の方法、仕事の進め方、会議の目的や進め方などを順番に伝えながら、実践と改善を繰り返しました。

また、これまで外注していた経理や人事業務も社内で内製化し、バックオフィスの土台を整えました。

その後ようやく採用にも力を入れられるようになり、現在、要となって活躍するメンバーも入社して組織が回りだしました。

入社から実に、3年が経過していました。

ふるさと熱電

ベンチャーで働く醍醐味とは?

課題は、まだまだたくさんありますし、毎日大変ですよ」と言いつつも、話を聞けば聞くほど、仕事が充実している様子が伝わってきます。

改めて、「ベンチャー企業のふるさと熱電」で働く醍醐味について聞いてみました。

吉田「やはり『最先端の事業で、地方から日本を変える』というところが、とても面白いと思います。事務所は熊本県小国町という田舎にありますが、やっていることは東京の虎ノ門ヒルズのベンチャー企業と変わらない(笑)
僕たちは、世の中をよりよく変える、誇れる仕事をしているという自負があります」

ふるさと熱電

地熱発電により、温泉街に、新たな収益の柱を作る。その地熱発電で得た収益を元手にワーケーション施設を作るなど、その温泉街に再び人が集まる仕組みを地元住民と共に考え、実行する。

その結果、地域が活性化していく。

そんな壮大なプロジェクトが現在、吉田さんを含めた14人の社員に託されているのです。

吉田「会社の成長スピードが速いので、整えても整えても、また新たな課題が出てくる日々。本来の役割を超えて、多くの仕事をこなさないといけない大変さもありますが、課題がたくさんあるということは、伸び代も大きいということです。
『無ければ作る』とワクワク出来る人にとって、ふるさと熱電は、とても面白いベンチャー企業だと思います」

私が「ふるさと熱電」だ!

私がふるさと熱電だ!」という気概で、仕事に取り組んでいる吉田さん。

最後に、今後の目標について聞いてみました。

吉田「今、わいた地熱発電所第2号機の建設に向けて大忙しですが、これでようやくスタートラインに立てたと思っています。これから、わいた地区に続く、日本中の他の温泉街で、地熱を活用した発電事業による地域創生の事例を広げていく。
そして、当社の取り組みが評価され、全国に認知され、日本中から『うちでもやってほしい!』とふるさと熱電がひっぱりだこになる状態にすることが、私の今の目標です」

志高く、熱い思いをもって働く吉田さんのチャレンジは、さらに高いステージへと続いていくのです。

ブログ一覧