大切なことは、全てこの人から教わった。新進気鋭なベンチャー社長を支える福の神の存在。

外部ページURL

会社を設立してすぐに、誰もが知る経済新聞社の記者に取材され、その内容が記事になり、大きな話題となった。

また、サイバーエージェントの藤田 晋氏に「国宝級のエンジニア」とまで言わしめた人物が、創業からわずか数年で、自社のCTO(最高技術責任者)に就任してくれた。

「創業して間もないベンチャー企業の僕達にとっては、どちらもありえない出来事です。ほんとに、奇跡的としか言いようがない

そう語るのは、株式会社ZENKIGEN 代表取締役の野澤 比日樹(のざわ ひびき)。

ZENKIGEN 野澤ZENKIGENは、「テクノロジーを通じて、人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」とのビジョンを掲げ、主に企業の採用DX化を支援するサービスを開発、運営している。

社名の由来は、禅の言葉「全機現(ぜんきげん)」。

人の持つ能力のすべてを発揮する」という意味だ。

野澤「今、ZENKIGENは、仲間も増え、社員100名近くまでに成長しましたが、今の僕たちがあるのは、『あの人』のおかげなんです」

野澤がいう『あの人』とは、代表世話人株式会社、代表取締役、杉浦 佳浩(すぎうら よしひろ)。紹介だけで、年間1000人の経営者に会い続ける、知る人ぞ知るビジネスマンだ。

代表世話人 杉浦佳浩

1日のアポイントが10件を超える日もざらにあるという、杉浦氏。

その時々の経営者の課題にあわせて、ある時は、新規事業開拓に、またある時は、人材採用に対して、必要な支援を行う。

会社を設立してすぐに、誰もが知る経済新聞社の記者に取材されたのも、創業からわずか数年で、雲の上の存在であるエンジニアが自社のCTOになってくれたのも、その陰には、杉浦氏の存在があった。

杉浦氏とは、一体何者なのか。前回のストーリーに続き、今回はまた異なる角度から、杉浦氏の魅力を紐解いていきたい。

日本の失われた30年を、取り戻したい

野澤は、1998年株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア)に新卒入社。1999年創業期のサイバーエージェントへ転職し、大阪支社の立ち上げ、社長室、事業責任者等に従事し、会社の成長に貢献。

2011年に孫正義会長の誘いでソフトバンクグループの社長室に入社し、電力事業であるSB Power株式会社の設立、立ち上げに携わった。その後、2017年10月に株式会社ZENKIGENを創業した。

ZENKIGEN 野澤野澤がZENKIGENを創業した背景には、日本社会に対する、次のような課題意識があったという。

バブル崩壊以降の日本は、経済低迷の時期を過ごしてきた。毎日毎日、必死で働くが、給料は期待するように上がらず、自分たちの暮らし向きも、あまりよくならない。

家庭を顧みず、趣味を楽しむ時間もなく、毎日仕事に出かけては疲れて帰宅する。そのような親の姿を見て、子どもたちは、働くことに希望が見いだしにくくなった。

気づけば日本中には、諦めムードが蔓延していた。

失われた30年…30年で日本が失ったものは、あまりにも大きい。

こんなにも疲弊した日本社会のまま、自分は未来世代にバトンを手渡していいのだろうか。自分の子どもたちの世代のためにも、自分たちの力で、もう一度、誇れる日本を取り戻したい

野澤の心は、固まった。

野澤「私たちは、人生の大半を仕事に費やしています。ということは、仕事に情熱を燃やせるかどうかが、その人の人生の質を大きく左右するといっても過言ではありません。
でも、仕事に熱意を持って取り組むというのは、仕事だけ頑張るということではない。
仕事の周りにある家庭、趣味、健康、プライベートといったことが充実し、安定してはじめて、仕事にも情熱をもって取り組めるようになる。
プライベートも仕事も、全ては同じ一人の人生の中にあって、繋がり、影響を与え合っている。スパッと割り切れるものではありません。実際、家庭に心配ごとがある時などは、仕事にも集中できないですもんね」

働くとは、マラソンのようなものだ」と野澤はいう。長い仕事人生の中で、一時だけ無理して結果を出しても、長くは続けられない。

本当の意味で豊かに、長く働き続けるためには、仕事だけではなく、家庭や趣味、健康、プライベート等の様々な視点から人生の基盤を整え、心の中から湧き上がってくる情熱を持って仕事に取り組むことが大切なのだ。

人生100年時代。私たちは、何のために働くのか。

今まさに我々は、仕事に対する価値観が変革する時代の真っ只中にいる。

野澤「熱意を持って働く人たちの割合が、たった6%と言われるこの日本で、熱く働く人達を、30%、40%と増やしていければ、日本は確実に変わっていく。
そうやって次世代に、健全な社会をつないでいく。これが僕たちが事業を行う意味なんです」

杉浦氏との出会い。第一印象は「福の神」

野澤と杉浦氏の出会いは、ZENKIGENの創業から3ヶ月ほど経った頃のことだった。

きっかけは、銀行の担当者から紹介されたこと。

「我々は、ZENKIGENを応援したい。そのためにぜひ、杉浦さんという方を紹介したい。年間1000人以上の社長と会っていて、ものすごく忙しい人だが、幅広い人脈を持っていて、僕らにできないところまで、御社を支援してくれると思う」と。

代表世話人 杉浦佳浩

この笑顔、福の神。

野澤「杉浦さんの第一印象は、『福の神』みたいな人。優しい笑顔で、ひたすら僕の話を聞いてくれました。不思議だったのは、杉浦さんには、ありのままの自分で、なんでもお話ができたこと。
代表という肩書や、初対面といったことは関係なく、心をオープンにして楽しく話をすることができました。不思議な安心感でしたね」

野澤は初めて会った場で、杉浦氏に、事業にかける想いを熱弁した。

「日本はバブル崩壊以降、『失われた30年』と呼ばれ、経済が低迷する時代を送ってきた。

熱意を持って働く人たちの割合が、たった6%と言われる今の日本で、熱く働く人達を、30%、40%と増やしていきたい。自分たちの力でもう一度、日本を盛り返したい。

その環境を後押しするためにZENKIGENは、テクノロジーの力を生かした人事領域のサービスを提供していきたい」

野澤の話を聞いた後、杉浦氏はおもむろに口を開いた。

とてもいいサービスで、非常に面白いですね。いくつか合いそうな会社さんを紹介しますね

と。

代表世話人 杉浦佳浩

以前のオフィスにて、野澤と杉浦氏

野澤「『紹介します』と言ってはもらったけれど、『お忙しい方だから、気長に待っておけばいいのかな』と思っていたら、とんでもない。
面談後すぐに、矢継ぎ早に様々な企業や担当者を紹介していただきました。そのスピード感には驚きました」

そして、その中に、ある経済新聞社の記者の名前があった。

早速、その記者とのやり取りをしたところ、創業当時、HR(ヒューマンリソース)テック領域に参入し、2億円の資金調達を行ったことが珍しく、そのことについて取材をされることになった。

野澤「まさか創業数ヶ月で、大手経済新聞社から取材を受けるなんて、思ってもみませんでした。そしてその後、実際に記事が掲載され、多くの方に自社の存在を知ってもらえて。
これ以上ないというデビュー戦』を飾ることができました。その後も、15回ほど、取り上げていただきましたが、自力で取材されようと思っても、まず無理。ありえないことだと思います」

多くの人に繋いでもらった野澤だが、杉浦の紹介はどれも、通常のものとは少し違っていた。

代表世話人 杉浦佳浩

野澤と杉浦氏。オンラインでの打ち合わせの様子

野澤「どの方も、初めて会ったのに、初回から完全に心を許して、深い話までできる。不思議な感覚でした。だから、話がはやく、トントン拍子で物事が進み、形になっていく。
それは杉浦さんが、ビジネスの相性だけではなく、その人の人柄、考え方、価値観といった人間性もしっかり見極めて紹介してくださっているからだと思います。
厳正な杉浦さんの紹介であれば、間違いない』という安心感が、そうさせている。これって、すごいことだと思うんです」

紹介」とは、とてもセンシティブなものだ。一歩間違えば、お互いに違和感が生じ、紹介者の信頼にも傷がつくこともある。

杉浦から紹介される人は、彼が日ごろから丁寧に信頼関係を築いてきた人たちばかり。その共通の土台があるからこそ、成り立つものなのだ。

→つづく…国宝級のエンジニアが自社のCTOに就任!その背景にあった杉浦氏の存在…

杉浦氏こそが全機現。ありのままの自分で、ZENKIGENな日本へ。

ブログ一覧