産みの苦しみ期間を経て。フルリモート、制限ありな母親たちのスタートアップチャレンジ。

ストーリーテラーズ高野

定例MT、90分間の貴重な時間

先日、月1のストーリーテラーズの定例MTがありました。

メンバーは、アメリカ在住だったり、他に仕事をしながら、自分の事業をしながら、全員子育て真っ盛りな中、ST(ストーリーテラーズ)に参画してくれているので、基本はフルリモートで、普段会って仕事をすることはありません。

そんな中での、貴重な、月1の、90分間の定例MT。

議題をさくさく進めなければいけないことを頭でわかりつつも、
「最近どう?」「おこちゃん元気?」
などの雑談で毎回ほぼ30分使ってしまう…(笑)

なんならメンバーは議題進めたいのに、私が「え、それでそれで!?」とかめっちゃ聞いてしまって話が進まないw

とはいえ、先日も無事にいい感じに着地できてよかった。

産みの苦しみ期間を経て

私たちストーリーテラーズは、

その会社や商品・サービスの魅力を掘り起こし、今まで見えなかった眠っていた価値を紐解き、それを、わかりやすく共感あふれる文章(物語)に紡いで、その会社が伝えたい人たちに発信する

ことをしています。

今は私メインで動いているけれども、今年中に私は、インタビューや執筆の現場から抜けて、ディレクションに専念できるようにしたい。

そのため、メンバーや外注でみんなでできる体制をつくるべく、「あーでもない、こーでもない」と考えてきましたが、昨日はようやく、その道筋が見えました。

昨年は、サービスの核を固めるために、経営陣や顧問、メンバーとMTを重ね、作っては壊され、作っては壊され…を繰り返していたので、
必死でやっても、全く積み上がっている実感がなく、途中で「やっぱり私には無理だ、できない」と思うことが何度もありました。

でも、その産みの苦しみの期間があったからこそ、みんなが、STの核となるものを認識し、「私たちはもうぶれない」という自信に変えて、歩いていけるようになった。
そんなことを、先日の定例MTでは感じました。

相変わらず、子どものことに振り回されて、バタバタな日々だけど、制限があるからこそ、新たな発想が生まれる。
だから、面白い。

これからの展開が楽しみです。

関連記事

  1. ストーリーテラーズ

    ストーリーテラーズは次のステップへ。

  2. ストーリーテラーズ

    メンバー全員がママ、すべてオンラインで完結、「家族第一」で起…

  3. ストーリーテラーズ

    スタートアップに挑む母親たちのリアル。私たちのチームワークや…

  4. 魅力的なストーリーを書くために大切なこと。

  5. 家族や子ども第一で、働けているか?

  6. ストーリーテラーズ

    代表の高野、オンラインライティング講座登壇のお知らせ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧