女性活躍、勝手に配慮せず、まずは本人の意向を聞いて欲しい。

言い切ってもらえる尊さ

小さい子どもがいるし、家族第一で働くけれども、
そうか、じゃあこのチャンスは母親のあなたには無理だね
という遠慮や気遣いはされたくない。

なんともわがままな私です…w

先週、「会社が成長するためには、この一手が必要だ」と、言い切ってもらう出来事があった。

そこには、私が母親だとか、状況がどうだとか、そういった配慮は一切無くて、純粋に、会社と私の成長のために、言いにくいことも含めて、ストレートにぶつけてもらって、

なんというか…すごく嬉しかった。

今の世の中、昔よりもセンシティブになり、オブラートに包んだり、空気を読みすぎて、腫れ物に触るような対応になることが多いと思うけれど、一方で、良い意味で空気を読まない、そんなこと知ったこっちゃない、今のあなたにはこれが必要でしょ!?

と言い切れる人の尊さを感じた。

ほんとに有り難い!

今週も頑張ろう!

関連記事

  1. その出来事は、何かを気づかせるために起きているのかもしれない…

  2. 合理主義から、ちょっとだけ抜け出てみる。

  3. 自分の当たり前は、相手の当たり前じゃない。

  4. ストーリーテラーズ

    ストーリーテラーズ経営陣へのプレゼンテーションの結果。

  5. 自分が役に立てる世界というのは、自分が思っているよりも、ずっ…

  6. マーケティングではなくて、本当に役に立てる人は誰か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧