家族や子ども第一で、働けているか?

家族第一で働く

ストーリーテラーズを立ち上げる時、これからは「家族や子ども第一で働く」と決め、親会社の経営陣の皆さんにも、そう宣言した。

事前にそう決めて、会社をスタートさせたのは、1社目の起業で、苦い教訓を得たからだった。

仕事に突っ走り、頻繁に体調を崩し、子どもとの関係性も不安定になり、仕事仲間にも無理をさせてしまい…色々なところに無理が生じて、思うように会社を成長させられなかった。

だから、今回は、ストーリーテラーズは、家族を第一に、持続可能なカタチで仕事に向かうと決めた。

仕事づけの日々

それなのに蓋を開けてみると、仕事のウェイトは日々大きくなり、とても家族第一とは言えない日々が続いてしまっていた。

イチから会社を立ち上げて成長させるのは、簡単なことじゃない。
…と同時に、めちゃくちゃ面白い。

面白いから、ついついのめり込んでしまう。そしてだんだん、
やるからには、ここまで行きたい」という目標が芽生え、
子育て中ママだからってなめてもらっちゃ困るぜ」的なプライドが生まれ、
応援して下さる皆さんと一緒に新たな景色を見てみたい」といった様々な感情が湧き出てくるようになった。

そして、頂く仕事が増えてくると
今、チャンスが来てる!この波に乗らなければ!」と、ますますスピードをあげて仕事に向かうようになった。

昔、仕事が全くなかった期間が長く続いたので「仕事を頂ける有り難さ」が逆に強迫観念になり、知らない間に無理してしまっていたのだと思う。

でも、昨日、あるきっかけがあり、はたと立ち止まった。
あぁ、これじゃいかん」と。
最近の私は、子どもたちに全然目を向けていない。

授業参観、保護者面談、学校行事の準備、水泳授業の準備、お弁当作り…

子どもたちのために時間を使っているようだけど、ただただこなしているだけ。仲間にも、きっと無理をさせている。

これでは続かないし、このまま走り続けても、その先に私が求める未来は無い、と思った。

再び、家族第一を掲げて

昨日は立ち止まって考えて、「家族第一」を再びしっかり掲げて、意識して、ペースを落として、仕事を進めていこうと決めた。
目の前の仕事に全力で向き合えば、仕事はおのずと増えていく。

急成長することが目的じゃないから、焦らずに、自分たちにとって一番良いやり方で、仲間とより遠くへ行ける経営を、これからはめざしていきたいと思う。

頑張らないって難しいなぁ。まるでリハビリだ。
とりあえず近々、映画館にトップガンマーヴェリックを見に行くことにしようw

関連記事

  1. ストーリーテラーズ

    ライティング講座の講師をつとめさせていただきました。

  2. 魅力的なストーリーを書くために大切なこと。

  3. ストーリーテラーズ高野

    10月25日(火)オンラインのピッチイベントに登壇します。

  4. ストーリーテラーズ

    代表世話人の杉浦さんに、インタビューして頂きました。

  5. ストーリテラーズ

    われらが顧問「杉浦さん」は、ウルトラマンだった!

  6. CEOオーディションプロジェクト、始動。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧