3児の母のスタートアップチャレンジ。これからは、ヘルプシーキングで。

先日フェイスブックのコメント欄で、「ヘルプシーキング」という考え方を教えて頂いた。

ヘルプシーキングとは、「一人で抱え込まず、周りに助けを求めながら仕事に取り組む力」という意味だそうだ。

働く時間や環境が制限される時に、協力を仰げる味方を増やす」というもので、ネットでヘルプシーキングについて書かれた記事を見て、「なんと素敵な!まさに、私が求める働き方だ!」と思った。

自己完結させない

私は子どもの頃から「事後報告が多い」性格だったそうだ。

「実は○○ちゃんと喧嘩していたけど、もう仲直りした」
「今度○○することに決めた。お金も自分で払う」
という場面が多く、母からは、「あんたは娘というより息子みたいやなw」と、よく言われていた。

この性格が根本にあるからか、仕事の場面においても、「蓋を明けてみたら結局自分でやってしまう」ことが多かった。

自分が責任を持ってやり切ることは大事なことだけれど、そればかりでは、会社は成長しない。

意識じゃなくて、行動を変えないと、いつまでも変わらない。もっと自分が脱皮していかないと」と思っていた矢先、「ヘルプシーキング」という考え方を教わって、視界が一気に開けた気がした。

マイペースに投稿を。

今まで、フェイスブックの投稿には少し苦手意識があった。

キラキラした華やかな投稿ができず、いつも「自問自答」の地味ぃーな投稿になってしまうからだw

でも最近は、投稿すると、周りの皆さんが情報を教えて下さったり、新たな見方のヒントをコメントして下さったりするので、「フェイスブックって案外面白いなぁ…」と思うようになった。

頻繁なペースではないけれど、これからも、マイペースにフェイスブックの投稿を続けていけるといいなぁと思う。

関連記事

  1. 令和の時代に、江戸時代の働き方と子育ての環境をめざして…

  2. ストーリーテラーズ高野

    相反するものを併せ持つ人間らしさが彼女の魅力、起業ママ同士の…

  3. その出来事は、何かを気づかせるために起きているのかもしれない…

  4. 自分の当たり前は、相手の当たり前じゃない。

  5. ストーリーテラーズ

    自分なりに子どもに寄り添う。ワーママの素直な気持ち。

  6. 今、この瞬間を大切に生きていこう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧