ホーム Facebook Twitter
資料請求・お問い合わせ

オウンドメディア運用代行

『個々×チームワーク』で広がる|株式会社きぼうの可能性を紐解く

「株式会社きぼう」は、調剤薬局という枠にとらわれず、多岐にわたる事業展開をしている業界注目の企業。

調剤薬局、介護施設、そして建設事業と、そのフィールドは広がりを見せ、「100億円の売上目標に向かって取り組んでいる」と社長の円市さんは自信を持って語ります。

そんなきぼうが価値をおいているのが、『個々のスキルアップ×チームワーク』のポテンシャル。

個々のスキルアップとしては「社会人としての成長」「一人ひとりに合わせたキャリアアップ体制」「薬局・介護・建設の3つの事業から得られる知識や経験値」
チームワークとしては、社員同士の信頼関係を構築していけるイベントの存在。

今回は、そういったきぼうの職場環境に焦点を当て、具体的なサポート体制や成長支援について深掘りしていきたいと思います。

【インタビュー/ライティング】
ストーリーライター 庄子加奈子

個々のスキルアップ

ではまず、個々のスキルアップについて聞いてみましょう。社内では、個々の成長支援に力を入れているという円市さん。

「きぼうでは、薬局としての役割の他、在宅医療も行っています。在宅医療では、より幅広く深い知識や経験が必要となるので、認定薬剤師や登録販売者、日商簿記の他、ケアマネージャーや初任者研修といった資格取得もフォローし、仕事の幅を広げていけるようにしています。

特に薬剤師は資格に育ててもらう職種でもありますので、自信と責任を持って業務に取り組めるようしっかりとサポートしています」

株式会社きぼう

また、入社後のギャップもなくせるよう職場見学も行い、現場スタッフや社風との相性もしっかり見ていると話してくれました。

「現場との相性を確かめたうえで、入社してくれた社員には、まず、新人研修を受けて頂きます。その後も、役職を持つ社員が自信を持ってリーダーシップを発揮できるよう、リーダーシップ研修や、接遇研修、研修ビデオの配信など、多角的な成長支援も行っています。

『薬剤師としてのスキルを伸ばしたい』『きぼうの社員として長く活躍したい』といった仲間を育てるのが、私たちの役割ですから。経験を積んで、当社で存分に能力を発揮してほしいですね」

きぼうならではの強みで、成長をサポート

さらに円市さんは、「きぼうでしか経験できないことがある」と話してくださいました。

「やる気がある社員は、きぼうの多角経営というフィールドを存分に活用し、薬剤師や介護福祉の仕事の枠を超えてスキルアップができる可能性がある。当社には『薬局』『介護』『建設』の3つの事業があり、その3つの円が重なる部分をより大きくすることで、事業に相乗効果を生み出していこうとしています。

こんな調剤薬局はなかなかありませんから、成長意欲の高い皆さんには、遠慮せずにどんどん挑戦してもらいたいですね。

とは言え、みんながみんな、新しいことをする、役職者になる、という必要はないと思います。

人にはそれぞれに、得手不得手、強み弱みがありますから、新しいことをやりたい人はどんどん挑戦してもらって、現場で薬剤師としてのスキルや経験を深めていきたい人は、その持ち場をしっかり守ってもらえればいい。

それぞれがやりたいことに集中できるよう、しっかりサポートしていきたいですね」

株式会社きぼう

サポートと言っても、裏方的に陰から支えるのではなく、自らが中心となり、周囲を巻き込みながら、社員が輝ける環境を着々と作り上げていくのが円市スタイル。

トップの大きなエネルギーと温かさのもと、社員がそれぞれに力を発揮し、強みを最大限活かせる場が作られているのが、きぼうらしさなのですね。

社長主催、スタッフ企画のイベントの意義

個々のスキルアップのために、様々な支援体制を作っているきぼう。
次に、チームワークを育てる秘訣についてお聞きしてみました。

「いくら優秀な薬剤師や事務員がいたとしても、1人の力で出来ることは限られています。

100の力を持った1人よりも、10の力を持った10人が集まって力を合わせた方が、より強い力を発揮できる。100の力を持った人が1人いる組織よりも、10の力を持った人が10人集まって力を合わせられる組織のほうが、絶対に強い。

なぜなら、10人集まることによる相乗効果で、力は100以上になることもあるからです」

円市さんは、個々の力を合わせたチームワークの強みを理解している人。
そのため、心の交流を何よりも大切にしています。

とは言え、人と人との信頼関係は一日や二日で築かれるものではありません。チームワークは、継続的な努力によって徐々に強化されていくものだからです。

その絆を深めるために効果的なのが、BBQや食事会といった社内イベント。
なんと、きぼうでは、社長の円市さん自らイベントを発案し、開催しています。

そこで、普段聞けないプライベートの話を共有したり、共通の話題で盛り上がったりするうちに、自然と社員同士の距離が縮まり、チームワークが築かれ、お客様により良いサービスが提供できるようになり、会社もどんどん成長していくのです。

株式会社きぼう

社長はリーダータイプのサポーター

きぼうでは、一人ひとりの夢を応援し、成長をめざし、信頼関係を築くことを大切にしています。

「私は、一人ひとりの想いを叶えるお手伝いをしたいんです。

ですから、面接では、その方の5年後・10年後の夢や希望を聞いています。

仕事だけではなく、プライベートなことでも構いません。例えば、薬剤師としてのスキルアップをめざしていること、新しい趣味の話、家族との理想的な暮らしなど…みんな色々な想いを話してくれますね。

そういった話を聞くたびに、私は社長として、『一人ひとりの想いを叶えるお手伝いをするんだ』という気持ちが高まっていくのを感じます」

社長の円市さんは、まさにリーダータイプのサポーター。
真ん中で太陽のように強い影響力を持ち、包容力で周りを引き込んでいく存在。
そんな輝く太陽のもとで、社員はすくすくと育ち、自身の強みを伸ばしていくことができる。

そして、社員同士の絆を深めることで、『個々のスキルアップ×チームワーク』の相乗効果が真価を発揮する。

一人ひとりの適応力や学び取る能力が、チームの力と組み合わさり、『一人でもできるけれど、みんなと一緒ならもっと頑張れる』と思える場所になる…それが、きぼうの職場環境です。

きぼうの魅力は、円市さんの熱いエネルギーと、円市さんと社員の強い絆なのだと、今回のインタビューを通して感じることができました。

個々の能力、チームでの最大出力、信頼関係を築くことの重要性など…スタッフ育成に対するきぼうの本気が、この記事を通して少しでも伝われば幸いです。


株式会社きぼうでは、みんなでやりがいを持って働きながら、共に成長するメンバーを募集指定います。
詳細はこちら→https://kibou-pharmacy.com/saiyo/

一覧へ戻る

ストーリーで、
ファンと未来を創りだす

ストーリー記事作成に関することなら
お気軽にご相談ください。
資料請求やお見積もり依頼も可能です。

資料請求・お問い合わせ