自分の当たり前は、相手の当たり前じゃない。

こだわりを、押し付ける

こだわりが強すぎると、お客さんのニーズが見えなくなる。

数年前から書く仕事に携わり、プライベートでも一からブログを開設して育ててきたこともあり、私は「伝えること」や「書くこと」については、世間の人よりも、強いこだわりを持っていると思う。

ただ、こだわりが強いあまり、お客さんの要望やニーズが見えなくなっていた、と最近気づいた。

お客さんは、違うものを求めているのに、「絶対こっちの方がいい」と考えて知らぬ間に押しつけてしまっていたり、要望をちゃんと伝えてくださっていたのに、その内容を見過ごしていたり…。

もちろん、お客さんのやりたいことを叶えることが、最善ではない時もある。
でも、自分のこだわりを押し付け、固執しすぎるのは、よくない。

自分の当たり前は、相手の当たり前じゃない

お客さんに合わせすぎて、うまくいかなかった経験から、自分達の価値にこだわりすぎてしまった経験を経て、今度こそ、お客さんのやりたいことを、叶えられる会社になっていきたい。

遠回りや色々な回り道をして、ようやく気づいた気がする。

…いや、気づいたと思っていても、きっと気づけていないことがまだまだたくさんある。

常に最善を尽くす。でもその最善は、見方を変えれば最善じゃないかもしれない。

自分の当たり前は、相手の当たり前ではない。

これからはできるだけフラットに物事を見られる人に、なっていきたいなぁと思う。

関連記事

  1. 来年3月、英語でスピーチをすることに。

  2. ストーリーテラーズ高野

    もう小学校3年生だから、今日から自分ひとりで学校行くね。

  3. マーケティングではなくて、本当に役に立てる人は誰か?

  4. 今、この瞬間を大切に生きていこう。

  5. ストーリーテラーズ

    お墓参り、自分は生かされていると感じる日々。

  6. 無敵の人に会いました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧