脳みそにスイッチをいれれば、事は一気に目標達成に向けて進み出す。

目標実現に向けて

仕事とは関係ないのだが、ここ最近、大きな決断をした。

5年前から抱いていた目標の実現に向けて、一歩踏み出した、とでも言おうか。

一歩踏み出した時の感情は、「ついに動いちゃった…!もう後戻りはできない」という、
ワクワクに、少しの不安が入り混じったなんとも言えない高揚感だった。

でも、思っていたよりも案外あっさりとしていて、「こんな小さなことから、人生は大きく変わっていくんだなぁ
と感じる体験でもあった。

できるかできないかじゃない、やるだけ

普段私がお世話になっている人達にしてみれば、その目標は特別大きなものではなく、「やろうと思えば、普通にできる」レベルものだ。

でも私にとっては、途方も無く遠い目標で、実現するには、まだあと数年はかかると思っていた。何なら、一生無理かもしれないと思うこともあった。

でも先日、ひょんな出来事から、その目標を達成すると決めて、自分の中での大きな一歩を踏み出した。

やる、と決めると、いろんなことが変わる。
世界が、見えるものが、全てが、変わる。

「できればいいな…どうしようかな…」
そうやって迷っていた時の堂々巡りや、余計なことを、一切考えなくなる。

それを達成するためには、次にどうすればいいか。
いつまでに、どういう状態に持っていくのか。

脳みそが全力で、達成するために必要なことに向かい始める。

道筋が見えれば、あとはやるだけだ。
できるかな、大丈夫かな…」じゃない。
やる、だけだ。
すごく、シンプルな話だ。

来年、叶える!

今まで、事をややこしくしていたのは、自分自身だった。

単純なことなのに、難しく考え、どんどん叶わない目標に仕立て上げていた。

始めから、ドアは開かれていて、そのドアの前にちゃんと立つことさえできれば、道筋は自ずと見える。
そんなことに気づけたように思う。

来年になるのが、こんなに楽しみなことは、ここ数年で久しぶりかもしれない。
これからもシンプルに、自分にとっての当たり前をどんどんブラッシュアップして、楽しく人生を歩んでいけるといいなと思う。

関連記事

  1. ストーリーテラーズ

    今まで以上に、健康に意識をして、自分の体と心を良い状態に保つ…

  2. 自分が、自分の一番のよき理解者である生き方を、めざしたい。

  3. その出来事は、何かを気づかせるために起きているのかもしれない…

  4. ストーリーテラーズ高野

    相反するものを併せ持つ人間らしさが彼女の魅力、起業ママ同士の…

  5. パソコンのタイピングを見れば、その日の自分の調子が分かる。

  6. 来年3月、英語でスピーチをすることに。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧