自分が役に立てる世界というのは、自分が思っているよりも、ずっと小さいのかもしれない。

自分が役に立てる世界というのは、自分が思っているよりも、ずっと小さいのかもしれない。
でも、その小さな世界に出会えた人は、きっとすごく幸せなんだろう。

自分は何でもできる

20代の頃は「自分は何でもできる」と思っていた。

自信の無さや不安は常にあったし、新たにチャレンジすること自体は怖かった。

でも心のどこかで「自分は絶対できる」という根拠のない自信があった。

それは、その時まで、人生における大きな挫折を経験したことが無かったから。

だから「自分はチャレンジすれば何だってできる」と思えていた。

その気持はすごく大切。でも今思えば当時は、自分のことをかなり過信していた。

諦めて、フラットに。

2009年で起業してからというもの、「自分はもっとできると思っていたのに、全然できない」の連続だった。

これでもか、というくらい突きつけられる現実に、毎日のように落ち込んでいた。でも、ある時思った。

「世界的に素晴らしい経営者として知られているスティーブ・ジョブズが亡くなった後でさえ、アップル社は潰れるどころか、業績を伸ばし、成長しているじゃないか」

と。(今のところ)

あのスティーブ・ジョブズが死んでも、世界は問題なく回るんだから、自分なんてそりゃ大したことなくて当たり前やなw
と。

自分を卑下するということではなくて…ある意味、潔く諦める。受け入れる。そうすることで初めて、

「こんな自分を必要としてくれる世界はどこか」
「小さな世界でいいから、自分が役に立てる場所はどこか」

と、真っ直ぐに、フラットに向き合うようになった。

そうやって、一歩ずつ、自分の感性に従いながら取捨選択してくる中で、だんだんと道が見えてきたように思う。

小さな世界でいいから

別に、大きな世界を作らなくてもいい。
小さくていい。

自分がありのままで、まっすぐに向き合いながら、関わる人みんなでHAPPYになれる世界。

そんな自分の居場所を、これから人生かけて作っていけるといいなぁと思う。

 

関連記事

  1. パソコンのタイピングを見れば、その日の自分の調子が分かる。

  2. 来年3月、英語でスピーチをすることに。

  3. 脳みそにスイッチをいれれば、事は一気に目標達成に向けて進み出…

  4. ストーリーテラーズ

    わからないのではなく、興味が無いだけだった。

  5. ストーリーテラーズ

    今まで以上に、健康に意識をして、自分の体と心を良い状態に保つ…

  6. 働くママの呪縛から開放されよう。美容院ではスマホ仕事禁止!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧