高野の独り言

その出来事は、何かを気づかせるために起きているのかもしれない。

今、自分にふりかかる出来事は…

私は別に、信心深いというわけではないけれど、
特に物事がうまくいかない時というのは、
自分の力の及ばないところで、何か大きな力が働いている」ように感じることがある。

それ自体に、メッセージ性は無いのかもしれないけれど、
無視してあらがえば、どんどんドツボにはまっていく。

逆に受け入れれば、その流れは緩やかになり、ある時からふっと浮かび上がる。

…まるで、何かを気づかせるために、それを本人が気づくまで、手を替え品を替え、いろんな出来事に形を変えて、ふりかかってきているような…

考えすぎかもしれないし、
自意識過剰かもしれないけれど、
そんな風に感じることが、ある。

仕事をしていると、「もっと左脳を鍛えたい、賢くなりたい」と思う場面に出くわすことが多いけれど、
でもそれと同じくらいに、感じる力を鍛えること。

つまり、違和感を感じたり、ピンとくる力だったり、理屈では説明できない本能的なもの、感性を磨くことも、すごく大事だなぁと思います。

最近感性を磨くこと、全然してない気がする。

頭を空っぽにして、体全体で、自然や芸術を感じる機会を、
近いうちに作りたいなぁと思う今日この頃です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP