ストーリーテラーズは次のステップへ。

ストーリーテラーズ

供給体制を整える

今年から本格的に始動したストーリーテラーズ。

顧問、経営陣の方からは「開始早々、絶対に供給体制が課題になるよ」と、まるで予言されるかのように言われていた。

でも私自身は「そうですよねぇ…」と言いながらも、心のどこかで「絶対そんな風になるわけない」と思っていた。

なぜなら、1社目の経験から「そんなすぐに売上なんてあがらない」と思っていたから。

仕事が取れたら供給体制が追いつかなくなる」と考えるよりも、初年度は仕事が取れない前提で、うまくいかない前提で、

うまくいかなかったら次はこの手を打つ、それでもうまくいかなかったら次はこの手…

という形で、物事を組み立てて動いていく方が良い、と思いこんでいたから。

でも蓋をあけてみたら、有り難いことに仕事をたくさん頂くことができて、既に供給体制の限界を超えてしまい、

周りからは「ほらね、言ってたとおり。なんでそこの対策ちゃんとしておかなかったの」と言われている…。

ここ最近の私は「うまくいくわけない」という前提で物事を考えすぎて、蓋をあけてみたら「案外うまくいった」ということが多い。

昔は、うまくいかないことも「うまくいく」と思い込む性格だったのに、いつからこんなネガティブ思考になったんだろう…(汗)

時間の制約があるから良かった

とはいえ、良かったなぁと思うのが、今私は3人の子育て真っ最中で、「私以外の人が出来る体制を作る」というところに、意識が向けやすくなったこと。

昔だったら、根性で乗り切ろうとしたけれど、今は子育て中心で、仕事に向かえる時間が以前と比べて圧倒的に少なくなって、根性で乗り切ることができなくなった。

だから、私から仕事を引き剥がして、みんなで紐解いて、ポイントを押さえて、体制を作って、周りにお願いする、任せる、という思考回路に自然となるようになった。

そうすることで、会社としても成長していけるのかなぁと最近は思う。

とはいえ、焦らず一歩ずつやっていくことは忘れずに。

連休も、休める時はしっかり休んで、次のステップに向かっていけるといいなと思う。

関連記事

  1. ストーリーテラーズ

    メンバー全員がママ、すべてオンラインで完結、「家族第一」で起…

  2. ストーリーテラーズ

    ライティング講座の講師をつとめさせていただきました。

  3. ブルドーザーと戦車が組んだ!

  4. ストーリーテラーズ高野

    1人で早く行くのか、みんなで遠くへ行くのか。

  5. CEOオーディションプロジェクト、始動。

  6. 魅力的なストーリーを書くために大切なこと。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧